健康家

いつも健康をテーマに!高血圧、糖尿病などの現代病を防ぐ食事療法や改善方法をお知らせしています。

食事療法

【悪玉コレステロールを抑える:ゴマ】

投稿日:8月 15, 2017 更新日:

胡麻には大きく3種類に分けられます。
主に「白ごま」「黒ごま」「金ごま」の3種類で、 まろやかで油脂の多い「白ごま」・芳ばしい香りで存在感のある「黒ごま」・洗練された香りの「金ごま」があり、栄養はそれぞれ違いはそれほどかわらなく同じような栄養成分になります。

特に注目される栄養成分といえば、ゴマの特有の成分である栄養素「ゴマリグナン」の成分として、セサミン、セサミノール、セサモリンという抗酸化成分があります。

この「ゴマリグナン」には活性酵素を撃退し、 若返り(アンチエイジング)に効果があると注目されている栄養成分になります。肝機能を改善してくれ、コレステロールを減少させるなどして、脂質代謝の促進など多くの効果と効能が期待されています。

また胡麻の油成分に含まれるリノール酸とオレイン酸で構成されていて、リノール酸は細胞膜を作る材料になります。
体内で合成することが出来ない脂肪酸なので、他の食べ物などから摂取しなければらない油成分です。

こうしたリノール酸は血中の悪玉コレステロールを溶解し排出するするといわれています。

オレイン酸もまた、善玉コレステロールを減らさない働きをしてくれ、逆に悪玉コレステロールを減らしてくれる働きをうながしてくれます。それと共に大腸で便の滑りをよくしたりする便秘予防の作用があります。

胡麻に豊富な成分は50%が油分、20%がタンパク質、残りの30%がビタミン類・ミネラル・食物繊維になり、ほかを比較してみてもその栄養価は植物性食品でもトップレベルになります。

ゴマリグナン類という成分のセサミんは、体内で女性ホルモンと同じような働きをすることで、またの名を植物性エストロゲンとも呼ばれています。

こうして自律神経や交感神経などのバランスを保ったり、血中のコレステロール値を抑えたりする役割を持っているセサミンは、体内の健康バランスを正常に保ってくれ、アイチエイジング効果につながります。

日常の食事の中で、出来れば胡麻を10g程度(約大さじ1杯ほど)食べると体内で必要とされる栄養素を取り入れる事ができますので、ご飯にかけたり、サラダやスープにかけたりすると簡単に食べる事ができます。

または胡麻をすりおろして味噌汁の中にいれたりと調味料として使用すると自然に摂取することができます。

さまざまな健康パワーの源になりますので、胡麻の栄養成分を継続的にバランス良く野菜や果実を食べていきながら健康な体作りをしていきましょう。

 

【肌のトラブル改善:イチゴ】


 

Sponsored Links

スポンサーリンク



Sponsored Links

スポンサーリンク



-食事療法

執筆者:

関連記事

【血液サラサラ簡単料理:大豆】

  電子レンジでもできる大豆をつかった血液サラサラ簡単料理 缶詰の大豆の水煮やトマト缶をつかうので電子レンジで10分もあれば料理する事ができます。 {ミネストローネ 調理する食材} ・大豆の …

【体を温める:ショウガ】

ショウガは薬身でおなじみの和食にはかかせないひとつです。さまざまな料理の食材とあわせやすく、味を引き立てる野菜としてはとても有名です。 ショウガには体内の中でも優れた効能と栄養があるのでみていきましょ …

【主食の4大作物:じゃがいも】

じゃがいもは、米、麦、とうもろこしと同じように世界中の料理につかわれる主食とされています。栽培の方法もとても簡単で、寒い気候風土の土地や乾燥して痩せた土地の環境でも収穫する事ができます。こうした事から …

【疲れた身体に:パセリ】

パセリには、いくつかの種類があります。代表的な種類は「モスカールドパセリ」と「イタリアンパセリ」の2種類が食事のトッピングでお馴染のパセリになります。 葉が細かく縮れていて一般的にパセリとして使用され …

【代謝を良くする:唐辛子】

唐辛子の原産地は中南米のメキシコとなり数千年前から食用として利用・栽培されており、この地域が唐辛子の発祥といわれています。世界各国で食用とされイタリアではぺペロンチ―ノといったり米国ではレッドぺッパー …

Sponsored Links

スポンサーリンク



プロフィール

TAKAHITO N.S

カルフョルニア州ロサンゼルス在中。昭和の日本生まれの日本人男性です。米国に渡米後に食の違いと身体の加齢に気が付き健康をテーマとした様々な情報を発信しています