健康家

いつも健康をテーマに!高血圧、糖尿病などの現代病を防ぐ食事療法や改善方法をお知らせしています。

食事療法

【夏バテ改善に役立つ:モロヘイア】

投稿日:7月 18, 2017 更新日:

モロヘイヤとはシナノキ科ツナオ属の緑黄色野菜になり、アフリカ北部からインド西部が原産となっています。食用としての歴史も古く5000年以上前からエジプトでは料理に使用していた野菜になり、モロヘイヤには、さやと種と枝には毒があるので食べることができませんが、主に葉の柔らかい部分が食用とされています。葉を包丁でたたき細かく刻むと粘りが出てくるのが特徴です。

日本では1980年頃に栽培が始まった比較的新しい野菜ですが、そのまま野菜として食べられるよりも、青汁の原料としてとても有名な野菜の一つになります。

モロヘイアの栄養には他の野菜にくらべて、とても豊富な主な栄養成分カリウム、カロチン、カルシュ―ムが含んでいます、他にもビタミンB群やミネラルなどが多く含まれています。

カロチンは何んとホウレンソウ4.6倍、ブロッコリーのなんと19倍になります。

カロチンは老化の原因でもある活性酸素を除去する働きが強く、紫外線などの老化からも守ってくれる栄養素になります。

モロヘイヤの特徴である粘り気に含まれいているネバネバ成分は身体の粘膜を保護してくれる働きがありますので、胃酸から胃の粘膜を守ってくれたり、鼻や口の粘膜を強化し、体内に危険なウイルスや細菌が侵入するのを撃退してくれます。

そしてモロヘイアに含まれているカリウムは体内の不必要な塩分を体外に排出する効能がありますので高血圧や予防や動脈硬化の予防にも役立ててくれます。

また血糖値が急上昇するのを抑える働きもあるので、糖尿病予防にもなります。

モロヘイアの美味しい食べ方になりますが、和食でいただくとするとモロヘイヤは味噌汁などのスープの具にして人気があります。

サッと湯通しをして醤油、鰹節をまぶしたり、ごま和え、おひたしなど茹でていただく食べ方も美味しく、和食には人気の夏野菜になります。

独自のぬめりは納豆などと混ぜていただく食べ方も、味わい良くがご飯がとてもすすむ和食にぴったりです。

モロヘイアの下処理ですが、野菜として売られているモロヘイヤは葉、茎、根などに毒性のない状態ですので、モロヘイヤの種や若葉などに含まれる毒性の影響はないとされています。茎は安心して食べることができます。

ただ、家庭菜園で作られる場合のみ、若葉には毒性が含まれているので、茎を食べるのはやめておいてください。

このようにモロヘイアは夏バテの改善、予防や疲労回復にとても期待できるお勧めの夏野菜の一つですので、ぜひモロヘイアの豊富な栄養を摂取してバランス良く野菜や果実を採りながら健康な体作りをしていきましょう。

 

【秘められた美白効果:ピーマン】


 

Sponsored Links

スポンサーリンク



Sponsored Links

スポンサーリンク



-食事療法

執筆者:

関連記事

【コレステロールを下げる:みかん】

みかんには、温州(うんしゅう)みかん、紀州みかん、いよかん、ぽんかんなど味も色も大きさも様々な種類のものがあり、日本では主に有名なみかんは温州みかんになります。。またオレンジもみかん科のひとつになるの …

【豊富な栄養の緑黄色野菜:ケール】

    ケールとは主に青汁の原料とされています。外来の植物の野菜でケールは地中海沿岸に生育しているアブラナ科の野菜です。 日本では緑葉甘藍(リョクヨウカンラン)ともいいます。栄養が …

【秘められた美白効果:ピーマン】

ピーマンは独特の苦味などがあるので、好き嫌いに分かれる方がいるかもしれませんが、実はピーマンには他の緑黄色野菜の中でもビタミンCを特に多く含まれるトップクラスの野菜の一つになります。   他 …

【栄養補給に:アーモンド】

アーモンドはバラ科サクラ属の植物になります。核果類の桃、杏、梅などに同じようなの植物になり、桃や梅は果肉を食べますが、アーモンドは内側の身の部分の種を食べます。アーモンドは古代文明から食用として食され …

【糖尿病の食事におけるポイント:野菜】

  糖尿病を予防する食事・生活習慣とは、規則正し時間にバランスよい食事と野菜を採ることをすること。 緑黄色野菜をしっかり採る。野菜を1日に350g以上、特に緑黄色野菜を120g以上摂ることが …

Sponsored Links

スポンサーリンク



プロフィール

TAKAHITO N.S

カルフョルニア州ロサンゼルス在中。昭和の日本生まれの日本人男性です。米国に渡米後に食の違いと身体の加齢に気が付き健康をテーマとした様々な情報を発信しています