健康家

いつも健康をテーマに!高血圧、糖尿病などの現代病を防ぐ食事療法や改善方法をお知らせしています。

高血圧

【野菜成分の健康パワーはケルセチン】

投稿日:1月 29, 2017 更新日:

 

ケルセチンはポリフェノールやフラボノイドの一種で、野菜に多く含まれている成分です。血流を改善する効果や動脈硬化を予防する効果などで血液サラサラにするといわれています。

●血流を改善する効果
ケルセチンが持つ抗酸化作用によって、活性酸素によるダメージを防ぎ、血流を改善する効果があります。
血管を流れる赤血球を体のすみずみまで酸素を運ぶ重要な働きをしています。
ケルセチンは、この活性酸素によるダメージを防ぎ、赤血球の働きを活発にさせる効果があります。

●コレステロール値を下げる効果
ケルセチンは、血中コレステロール、悪玉コレステロールが低くなるといわています。また血糖値上昇を調整する働きなどがあるので、高脂血症や糖尿病などの生活習慣病予防に役立つといわれています。

●動脈硬化を予防する効果
ポリフェノールを摂取することは動脈硬化の予防になるといわれています。ケルセチンが持つ抗酸化作用が、動脈へのコレステロールの蓄積を防ぐことによって、動脈硬化を予防する効果あるといわれています。

またケルセチンは抗炎症作用を持つので、腰痛などの関節の痛みをやわらげる効果があるといわれています。

ケルセチンを多く含む食品は野菜の皮や葉に多く含まれます。

○タマネギ
○りんご
○緑茶
○ブロッコリー
○大根の葉

肝臓の燃焼・排出を良くしてくれるケルセチン

ケルセチンには、肝臓に含まれている脂肪の燃焼・排出を促進する作用や消化管で脂肪の吸収を良くする作用などの吸収にも良い働きをするといわれていますのでダイエットにも効果的な成分といわれています

強い抗酸化作用が血液をサラサラにしていきます。

身体の中の酸化エネルギ―(活性酸素)は喫煙、運動、ストレス、大気汚染、紫外線、添加物などにより発生していくといわれ、日常の生活には欠かせない抗酸化作用(ケルセチン)のある野菜などを多く採りましょう。腰痛や関節などの抗炎症作用、高血圧の改善、もう一つ重要視されているのが、アトピー性皮膚や花粉症、動物アレルギーなどの、さまざまなアレルギー症状の緩和効果があるといわれています。

体を、老化やサビから守ってくれるケルセチンは老化防止、肝機能、腎機能を高める作用、脂肪の吸収を助ける作用、腰痛や関節などの抗炎症作用、高血圧の改善、もう一つ重要視されているのが、アトピー性皮膚や花粉症、動物アレルギーなどの、さまざまなアレルギー症状の緩和効果があるといわれています。

ケルセチンは非常に高い抗酸化力を持つ成分として注目が集まっています。主にタマネギの皮の赤い部分には多く成分が含まれていますので上手に取り入れるタマネギ茶など手軽にとることができ効果的といわれています。

 

【豊富なケルセチン:たまねぎ料理】


 

Sponsored Links

スポンサーリンク



Sponsored Links

スポンサーリンク



-高血圧

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【高血圧の予防】

高血圧の予防には、規則正しい食生活に栄養バランス、睡眠、運動、休養、ストレス解消、喫煙を控えることで身体のバランスを整えましょう。 ・肥満をなくす (暴飲暴食などは禁物です) ・アルコールや喫煙は控え …

【便秘解消に最適:りんご】

りんごは便秘解消に高価バツグンの栄養素ペクチンと呼ばれる成分が豊富に含まれています。 腸内には、「善玉菌」という腸内を綺麗にして良い働きをするために必要な腸内活動の善玉菌が生息しています。 この善玉菌 …

【薬を飲まず高血圧を治そう】

  血圧が高いと言われてしまった時、どうすれば良いのか・・・ 比較的に軽症の高血圧であれば、 「食事に気をつけて、運動してください」 と言うようなことは非常に多いのですが・・・・・正直、具体 …

【血液サラサラにする簡単料理:高血圧】

    美味しい鯖味噌サラダ 1:玉ねぎをスライスする。(ザルにいれ水で少し浸すとシャキシャキになります。) あまり長時間つけすぎるとタマネギ成分が抜けてしまいますので、サっと流す程度が最適 …

【高血圧を予防する食べ物】

  高血圧には減塩といわれていますが、全く塩分を採らない場合とまた身体には良くありません。塩分はナトリウムともいいますが、このナトリウムとカリウムのバランスを良くすることで血圧を正常に保って …

Sponsored Links

スポンサーリンク



プロフィール

TAKAHITO N.S

カルフョルニア州ロサンゼルス在中。昭和の日本生まれの日本人男性です。米国に渡米後に食の違いと身体の加齢に気が付き健康をテーマとした様々な情報を発信しています