健康家

いつも健康をテーマに!高血圧、糖尿病などの現代病を防ぐ食事療法や改善方法をお知らせしています。

食事療法

【お腹がすっきり野菜:かぼちゃ】

投稿日:5月 2, 2017 更新日:

 

 

かぼちゃは英語で(pumpkin)、ウリ科に属する野菜で原産は南北アメリカ、主要生産地は中国、インド、ウクライナ、アフリカ果実を食用とした緑黄色野菜として栽培されています。

カンボジアからかぼちゃは16世紀ごろ(1532~55年)にポルトガル人によりカンボジアの産物として日本に伝えられました。

かぼちゃの名前の由来は、東南アジアの国名「カンボジア」。天正年間にポルトガルから伝わりましたが、ポルトガル語でカンボジアを表す「Camboja」からきたというのが定説です。ちなみに我々日本人は英語でなら「pumpkin(パンプキン)」といってしまいますが、パンプキンは特に果皮がオレンジ色の品種を示すそうで、その他の品種は「squash(スクウォッシュ)」と呼ばれるそうです。日本のかぼちゃは、パンプキンではなく色が濃い緑色をしていますのでほとんどスクウォッシュになります。

かぼちゃは体の腸内の働くをよくして綺麗にしてくれる食物繊維が多く含まれ西洋かぼちゃ100gに含まれる食物繊維の量は3.5g。かぼちゃは重量があるため、少量でも効率的に食物繊維が摂りやすいので便秘などの改善に効果的です。

食物繊維が多く含まれるのは、皮の部分。そのため調理の際は皮も一緒に使うと良いです。多く含まれる食物繊維は腸内を綺麗にしていきますので腸内改善にはおすすめの野菜です。

また、かぼちゃはβカロテンが豊富。βカロテンは緑黄色野菜に多く含まれており、かぼちゃの濃い色味もβカロテンによるものです。

βカロテンは強い抗酸化力があり、活性酸素を除去します。摂取したうちの1/3程度が小腸で吸収され、体が酸化して錆ついてしまうのを防いでくれます。その結果、体内に害となる活性酸素を除去しますので様々な病気や老化の予防が期待できます。

また、βカロテンとして小腸で吸収されなかった分の中から体内から必要な分の量のビタミンAに変換してくれます。

βカロテンから変換されたビタミンAには、免疫機能を高める効果があるため、昔から冬場の風邪予防に良く冬至にかぼちゃを食べる風習の意味もここにあります。

同時にかぼちゃはカリウムも豊富です。体内のナトリウム(塩分)の排出を促し、バランスを整えることで血圧を下げてくれるほかにも利尿作用なども効果的です。

かぼちゃに含まれる食物繊維は不溶性といって、水に溶けない性質を持っています。水分を吸収して膨らむため、少量でも満腹感が出るので、ダイエット向きの食材。ダイエット中はよく噛んで食べることで、食べすぎの防止になります。

この水溶性の食物繊維は水に溶けない分、水分を吸収してかさを増すので、腸を刺激し腸内を活発にしてくれます。

便秘改善には、かぼちゃだけでなく、海藻やネバネバ系食材に多く含まれる水溶性食物繊維もバランス良く野菜や果実を摂取していきながら健康な体作りをしていきましょう。

 

【貧血の予防に良い:野菜、貝類】


 

Sponsored Links

スポンサーリンク



Sponsored Links

スポンサーリンク



-食事療法

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【代謝を良くする:唐辛子】

唐辛子の原産地は中南米のメキシコとなり数千年前から食用として利用・栽培されており、この地域が唐辛子の発祥といわれています。世界各国で食用とされイタリアではぺペロンチ―ノといったり米国ではレッドぺッパー …

【緑黄色野菜おすすめベスト5:糖尿病】

  1:ブロッコリー 2・ほうれんそう 3・ケール 4・たまねぎ 5・人参 ブロッコリーにはビタミンCが非常に豊富に含まれているほか、ビタミンB群、カリウムなども多く、肝機能をアップさせる作 …

【美容に最適な野菜:ブロッコリー】

    ブロッコリーの由来は、アブラナ科アブラナ属の緑黄色野菜。花を食用とするキャベツの一種がイタリアで品種改良され現在の姿になったとされ日本では和名はメハナヤサイ、ミドリハナヤサ …

【豊富な栄養の緑黄色野菜:ケール】

    ケールとは主に青汁の原料とされています。外来の植物の野菜でケールは地中海沿岸に生育しているアブラナ科の野菜です。 日本では緑葉甘藍(リョクヨウカンラン)ともいいます。栄養が …

【むくみの解消:春菊】

春菊といえば、すきやき、鍋料理にかかせない緑黄色野菜のひとつとして、とても有名です。独特の苦みと香りをもちあわせていて好き嫌いがでますが、実はこの苦みにこそ豊富な栄養素が含まれています。 緑黄色野菜の …

Sponsored Links

スポンサーリンク



プロフィール

TAKAHITO N.S

カルフョルニア州ロサンゼルス在中。昭和の日本生まれの日本人男性です。米国に渡米後に食の違いと身体の加齢に気が付き健康をテーマとした様々な情報を発信しています