健康家

いつも健康をテーマに!高血圧、糖尿病などの現代病を防ぐ食事療法や改善方法をお知らせしています。

食事療法

【美容に最適な野菜:ブロッコリー】

投稿日:4月 19, 2017 更新日:

 

 

ブロッコリーの由来は、アブラナ科アブラナ属の緑黄色野菜。花を食用とするキャベツの一種がイタリアで品種改良され現在の姿になったとされ日本では和名はメハナヤサイ、ミドリハナヤサイといわれていました。

ブロッコリーは非常に多くのビタミンを含んでいる野菜です。特に体に必要なビタミンCの含有量がすごく、アスパラガスの約10倍含まれています。また、グラムあたりのビタミンCの含有量もレモンより優れています。

このビタミンCは皮膚に大切な栄養素のコラーゲンの働きを助けますので摂取しても、体内でビタミンCが不足していると、その美肌効果が上手に働かないので肌には欠かせない栄養素にいなります。

またビタミンCには、体内の中でお肌のシミの原因となる、メラニンの生成を抑制したり、肌に沈着したメラニンを体内の中で還元してくれます。シミなども薄くしてくれますので美肌を目指している方には欠かせない栄養素のひとつです。

ブロッコリーの栄養素の高い箇所が茎にあります。ブロッコリーの茎は割と捨てがちになりますが、この茎にこそが主にβカロテンやビタミンCなどの主要栄養素が詰まっています。

また、ブロッコリーに美容にかかせないビタミンB群も豊富に含まれています。3大栄養素のひとつとされているビタミンB群は3大栄養素(脂質・糖質・たんぱく質)を分解して、体内の中でエネルギーに変えるサポートをしてくれます。

体内で必要なビタミンB群が不足していると、そこに含まれる糖質が上手くエネルギーに変換されずに疲れやすい体質になります。

そんなビタミンですがお湯に入れてゆでると栄養は逃げてしまいますが、
蒸したり、レンジでチン!であれば、水溶性のビタミンを壊すのを抑えることができます。

簡単な食べ方のレンジでチンですが最初にブロッコリーを小房に分け(茎は一口大)、さっと水洗いしましょう。そしたらそのまま耐熱容器やラップなどした袋に移し、約3分を目安に加熱するだけです。

これで、茹でるよりも簡単に栄養もあまり失うことなく美味しく召し上がることができます。

また茎の部分が食べずらい場合は小分けに刻んで、バターで炒めるたりドレッシングをあえたり、醤油などかかけると美味しくと食べやすくなりますので捨てずに食べましょう。

また抗ガン作用にも効果があります。ブロッコリーには、グルコラファニンが含まれていて、体内で抗癌成分であるスルフォラファンに変わります。

この成分は、ヘリコバクター・ピロリ菌という、胃がんにかかる危険性を非常に高くする菌を取り除いてくれる作用もあります。抗酸化物質成分と抗癌物質も含みこれらは、体内の中で癌を防ぐだけでなく肝臓の機能を高めてくれます。バランス良く野菜や果実を摂取していきながら健康な体作りをしていきましょう。

 

【ギネス認定の野菜果実:アボカド】


 

Sponsored Links

スポンサーリンク



Sponsored Links

スポンサーリンク



-食事療法

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【秘められた美白効果:ピーマン】

ピーマンは独特の苦味などがあるので、好き嫌いに分かれる方がいるかもしれませんが、実はピーマンには他の緑黄色野菜の中でもビタミンCを特に多く含まれるトップクラスの野菜の一つになります。   他 …

【緑黄色野菜おすすめベスト5:糖尿病】

  1:ブロッコリー 2・ほうれんそう 3・ケール 4・たまねぎ 5・人参 ブロッコリーにはビタミンCが非常に豊富に含まれているほか、ビタミンB群、カリウムなども多く、肝機能をアップさせる作 …

【血液サラサラにしてくれる!リンゴ酢】

    リンゴ酢には、インスリンの分泌を抑える効果があります。 リンゴ酢に含まれるクエン酸・リンゴ酸には、疲労を回復させる効果があります。またリンゴ酢に含まれるカリウムは、高血圧の …

【一日に必要なカロリー摂取量】

    カロリーとは身体の代謝に必要なエネルギ―になりますので、体重などに比例してカロリーがそれぞれ違ってきます。 1日に必要な摂取カロリーを基礎代謝といわれています。理想体重から …

【体を温める:ショウガ】

ショウガは薬身でおなじみの和食にはかかせないひとつです。さまざまな料理の食材とあわせやすく、味を引き立てる野菜としてはとても有名です。 ショウガには体内の中でも優れた効能と栄養があるのでみていきましょ …

Sponsored Links

スポンサーリンク



プロフィール

TAKAHITO N.S

カルフョルニア州ロサンゼルス在中。昭和の日本生まれの日本人男性です。米国に渡米後に食の違いと身体の加齢に気が付き健康をテーマとした様々な情報を発信しています