健康家

いつも健康をテーマに!高血圧、糖尿病などの現代病を防ぐ食事療法や改善方法をお知らせしています。

食事療法

【糖尿病の食事におけるポイント:野菜】

投稿日:1月 24, 2017 更新日:

 

糖尿病を予防する食事・生活習慣とは、規則正し時間にバランスよい食事と野菜を採ることをすること。

緑黄色野菜をしっかり採る。野菜を1日に350g以上、特に緑黄色野菜を120g以上摂ることがとても大切なことですので目標にしましょう。

緑色の葉物野菜は、ビタミン、マグネシウムが豊富であるので、糖尿病のリスクを減らします。、

また、糖分が食物繊維に絡まり、通常よりゆっくりと吸収されるため、食後の血糖値の上昇を抑えます。

野菜類ももちろん糖尿病に良い食べ物としてたくさんあります。きゅうり・玉ねぎ・ネギ・白菜・小松菜・カリフラワー・ブロッコリー・ピーマン・アスパラガス・ホウレンソウ・しそ・セロリ・モロヘイヤ・ゼンマイ・にら・ゴボウなどさまざまなものが良い食べ物になりますので、積極的に摂取しましょう。

大豆食品と言えばまずは豆腐を思い浮かべる人も多いと思いますが、タンパク質がとても豊富に含まれており、糖質なども少なくとてもオススメされる食品です。

納豆は豊富な植物性タンパク質があります。毎日の食生活の中に取り入れやすい大豆製品ですので、出来るだけ食事の中に毎食1品は取りいれると、血糖値を下げられるようになるでしょう。
和食にすると取り入れやすいので献立をいろいろと工夫するのが良いでしょう。

血糖値を下げるためにはたくさんの食物繊維を摂取すると良いと言われており。食事の前に摂取するのが良い方法があります。

青汁などや野菜をミキサーにして採るのも、身体に吸収しやすくいただける野菜の採り方です。

そんな時に青汁を飲むというのは効果的と言われています。青汁には豊富な食物繊維とビタミンCが含まれているのでたくさん摂取することが出来ます。

仕事や勉強などで時間に忙しいかたには、こうした野菜をミキサーなどでジュースにして規則正しい時間に採ることで、糖尿病のインスリンの負担を軽減できます。

野菜の食事1日350gを食べるのは少々と厳しいと感じる方には、こうした野菜ドリンクにして工夫して簡単に身体に採りいれることができれば糖尿病の改善ト予防になりますので是非お試しください。

血糖値の高い糖尿病の人も安心して飲むことが出来ます。もちろん栄養価高いのが特徴です。

サプリメントなどでも、血糖値によいものを取るのも効果的です。食事ではなかなか取れない量を摂取できるので、糖尿病に良い食べ物プラスサプリでより血糖値を改善いきましょう。

 

【緑黄色野菜おすすめベスト5:糖尿病】


 

Sponsored Links

スポンサーリンク



Sponsored Links

スポンサーリンク



-食事療法

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【夏バテ防止の簡単料理:ほうれんそうカレー】

      夏になると塩分とカリウムが汗となって体の中から排出されていきます。カリウムが不足すると糖尿病、高血圧、神経障害など、様々な症状が現れてきます。 カリウムは肉や …

【疲れた身体に:パセリ】

パセリには、いくつかの種類があります。代表的な種類は「モスカールドパセリ」と「イタリアンパセリ」の2種類が食事のトッピングでお馴染のパセリになります。 葉が細かく縮れていて一般的にパセリとして使用され …

【上手な食べ方でインスリン大活躍】

  動物性たんぱく質のなかで青魚はとても血糖値のバランスを保つのに良い動物性たんぱく質です。大豆などの植物性たんぱく質とともに食べるとインスリンを上手に使いながら血糖値のバランスが良くなりま …

【食物繊維がたくさん:トウモロコシ】

トウモロコシに含む食物繊維とはダイエットや便秘などの予防にかかせない成分になります。その食物繊維は体内の消化酵素で消化されないまま排出される成分で、「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」の2種類があり …

【簡単カリウムたっぷり料理の作り方】

  1:サラダ油またはオリーブ油を入れ中火でフライパンを温めます。その後もやしを入れて炒めます。もやしはタネ付がより栄養満点ですのでおすすめします。軽く色がかわってきたら火を止める。 2:タ …

Sponsored Links

スポンサーリンク



プロフィール

TAKAHITO N.S

カルフョルニア州ロサンゼルス在中。昭和の日本生まれの日本人男性です。米国に渡米後に食の違いと身体の加齢に気が付き健康をテーマとした様々な情報を発信しています