健康家

いつも健康をテーマに!高血圧、糖尿病などの現代病を防ぐ食事療法や改善方法をお知らせしています。

血液検査

【血液検査でビリルビン値が高いといわれたら】

投稿日:1月 22, 2017 更新日:

 

 

ビリルビンとは?
ビリルビンは、ヘモグロビンの一部が代謝されて物質です。赤血球の中にはヘモグロビンという物質があります、これが酸素や二酸化炭素を運ぶ役割をしています。赤血球は脾臓や肝臓で壊されます。ヘモグロビンも壊れてビリルビンができるのです。このビリルビンは血液の流れて肝臓へ運ばれます。肝臓ではグルクロン酸という物質と結合し胆汁として胆管を通り便の中へ排泄されます。

ビリルビンは胆汁色素の成分で、血液中のビリルビンの量から肝細胞の障害や胆汁の流れ具合を調べることができます。
ビリルビンは、赤血球の中の赤み成分であるヘモグロビンが分解されてできる物質で黄色い色素です。

赤血球はつくられてから約120日で寿命を迎え壊れます。

ビリルビンが高い?
肝臓でのビリルビンの処理が追いつかなくなる程、たくさんの赤血球が壊れると血液中の濃度が増加します。肝臓の機能が未発達のときもビリルビンを処理し切れないため血液中の濃度が増加します。
肝炎や肝硬変のように肝臓の機能が落ちた時、増加が長く続くと腎臓などへの影響があります。

肝臓と胆道の異常が考えられる

総ビリルビンが基準値より高い場合、急性肝炎やアルコール性肝炎または肝硬変などの肝臓疾患が、または、胆石や胆嚢(たんのう)炎や胆嚢がんなどの胆道の病気が疑われることになります。

ビリルビンには3種類あります。

・間接型ビリルビン

・直接型ビリルビン

・総ビリルビン(間接型+直接型ビリルビン)

基準範囲(基準の目安として下さい。)

直接ビリルビン0~0.4mg/dL
間接ビリルビン0~0.8mg/dL
総ビリルビン0.2~1.2mg/dL

●直接型ビリルビンは、間接型ビリルビンが肝臓内で処理された後に生成される物質です。通常は胆汁と一緒に十二指腸を通り、その後体の外へ排出されます。

考えらえる病気としては、肝臓の働き低下は直接型ビリルビン。

●間接ビリルビンは、赤血球が約180日前後で寿命が訪れ破壊されたときに生成される物質です。
赤血球は必ず寿命が来ますから、間接型ビリルビンも血中に存在します。

また、間接型ビリルビンは肝臓で分解される前の物質ですので、総ビリルビンが高値の場合、赤血球が正常の時より多く壊されているということになります。

●総ビリルビン(間接型・直接型ビリルビン) 原因は、肝臓と言っていいほど肝臓の働きに左右されます。総ビリルビンが高値だった場合は、まず肝臓の働きを高めることが大事です。

このまま放置していると重病気を引き起こす可能性が非常に高いので、生活習慣、食生活などをできるだけ改善していきましょう。

 

【肝臓に良いおすすめ食品】


 

Sponsored Links

スポンサーリンク



Sponsored Links

スポンサーリンク



-血液検査

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【カリウムとバランス良くマグネシウムも大切に】

    カリウムを採ると同じようにマグネシウムも身体には必要な大切なミネラルです。マグネシウムは体内でのエネルギー代謝に関わる酵素のカリウムを助ける働きをします。 マグネシウムはカ …

【肝臓に良いおすすめ食品】

大豆 大豆はアミノ酸、ビタミン、カルシウム、カリウムという成分も豊富に含んでいます。納豆や豆腐などの大豆製品を積極的に食べるようにしましょう。 たんぱく質は肝臓の修復や再生に必要な栄養素になります。動 …

【糖尿病の初期症状は?】

    こんな症状はありませんか? ・喉が渇く ・トイレの回数が多くなる ・体重が減つてきた ・疲れやすい ・尿に匂いが甘い感じがする ・立ちくらみ ・手足の冷え、しびれ ・目がか …

【効果的な有酸素運動】

  有酸素運動で代表的なのはジョギングです。また水泳なども有酸素運動になります。無酸素運動とは筋トレなど短時間のトレーニングになりますので身体のカロリー燃焼がかわります。 とは言え、ジムに行 …

【血液サラサラ効果 大豆イソフラボン】

    大豆の成分にイソフラボンというポルフエノ―ルの一種が含まれています。ポリフェノールとは、植物に含まれる色素や苦味、渋み、あくなどの成分で、健康づくりや美容のためには、とても …

Sponsored Links

スポンサーリンク



プロフィール

TAKAHITO N.S

カルフョルニア州ロサンゼルス在中。昭和の日本生まれの日本人男性です。米国に渡米後に食の違いと身体の加齢に気が付き健康をテーマとした様々な情報を発信しています