健康家

いつも健康をテーマに!高血圧、糖尿病などの現代病を防ぐ食事療法や改善方法をお知らせしています。

食事療法

【糖尿病の予防におすすめ!】

投稿日:1月 20, 2017 更新日:

糖尿病は発症は「ストレス」、「肥満」、「運動不足」、「暴飲暴食」などの生活習慣のみだれがおもな原因となって起こります。日本人では糖尿病患者さんの10人に9人がこの生活習慣のみだれの2型糖尿病になります。

まさに現代生活習慣病といわれてますので、体調管理はしっかりしてまいりましょう。

糖尿病の予防として、おすすめ簡単料理をいくつかお知らせします。

まずは超おすすめ簡単料理の ”タマネギのマリネ

(作り方)

①タマネギを食べやすい大きさにスライスします。

{苦みが嫌い方は切ったあとに軽くザルに入れ氷水でしめます}     シャキシャキ食感も良くなりします。

「注意」 あまり長くつけすぎると大事なタマネギ酸が流れてしまいます。

②スライスしたタマネギをリンゴ酢、またはブドウ酢に浸します。

すっぱいのが苦手な方はサラダドレっシングのようにリンゴ酢やブドウ酢をかけてお召し上がりください。

{タマネギの皮には豊富なケルセチン成分}

ケルセチンの効果の1つとして脂肪の吸収に関係するものがあり脂肪の吸収を抑え燃焼させ排出する。

特にたまねぎの赤い皮のところは白いところの倍以上のケルセチン成分が含まれています。(たまねぎの皮を使った、たまねぎ茶のなども血液をサラサラにしてくれるといわれています。)

ケルセチンは、血管の壁や毛細血管を強くする効果もあります。それに血液をサラサラにする効果も重なって、動脈硬化を防ぐことができます。

また、タマネギに含まれる「硫化アリル」という成分が血液をサラサラにしてくれます。。、玉ねぎを包丁で切っている時に涙がでるのは、この硫化アリルがでるからです。 ユリ科の野菜でニンニクやラッキョにも含まれます。

動脈硬化は、血液の中のコレステロールや中性脂肪が血管の壁にこびりついて血管が硬くなる病気です。動脈硬化になると血液を送り出すことができなくなり、心臓などに負担をかけます。

そのため動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞などの予防にも効果的です。

ただタマネギにも糖分が入っえいますので過度の食べ過ぎは禁物ですので適量を考えて、糖尿病、動脈硬化、生活習慣病を予防しましょう。

有酸素運動

有酸素運動といえばジョギングですが自宅でも簡単にできる有酸素運動もあります。

ヨガ、ストレッチなど、ゆっくりと無理のない程度に身体を動かしていきましょう。一度に過激にやると長続きしなくなりますのでマイペースで行いましょう。

身体の代謝をよくし、血管を強化することができます。時間のないときでも毎日少しずつでも身体を動かすことによって糖尿病の予防になります。

 

【血液サラサラにしてくれる!リンゴ酢】


 

 

 

Sponsored Links

スポンサーリンク



Sponsored Links

スポンサーリンク



-食事療法

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【上手な食べ方でインスリン大活躍】

  動物性たんぱく質のなかで青魚はとても血糖値のバランスを保つのに良い動物性たんぱく質です。大豆などの植物性たんぱく質とともに食べるとインスリンを上手に使いながら血糖値のバランスが良くなりま …

【豊富な抗酸化作用:キャベツ】

キャベツに含まれているビタミンCが豊富に含まれ、そのビタミンCには強力な抗酸化作用があります。 私たちの老化の原因は、活性酸素などによって身体がサビつくことといわれています。血管内にサビつきが起こると …

【ギネス認定の野菜果実:アボカド】

  アボカドはメキシコやアメリカなどが原産。低温に弱く、主に熱帯、亜熱帯で生育します。樹高は自然では30メートルほどの高さになります。果樹園の栽培では接木法をとり、整枝もするのでそこまでは高 …

【代謝を良くする:唐辛子】

唐辛子の原産地は中南米のメキシコとなり数千年前から食用として利用・栽培されており、この地域が唐辛子の発祥といわれています。世界各国で食用とされイタリアではぺペロンチ―ノといったり米国ではレッドぺッパー …

【糖尿病の食事におけるポイント:野菜】

  糖尿病を予防する食事・生活習慣とは、規則正し時間にバランスよい食事と野菜を採ることをすること。 緑黄色野菜をしっかり採る。野菜を1日に350g以上、特に緑黄色野菜を120g以上摂ることが …

Sponsored Links

スポンサーリンク



プロフィール

TAKAHITO N.S

カルフョルニア州ロサンゼルス在中。昭和の日本生まれの日本人男性です。米国に渡米後に食の違いと身体の加齢に気が付き健康をテーマとした様々な情報を発信しています